ロシアカジノは恋心を成就

ロシアカジノこそ、恋心を成就させっのに、ふさわしき場所!「そこで告白すんの?」予定してっよ。

「確か...ロシアカジノは、ウラジオストックさ」YES。絶景を持ち、且つ、でっけー遊泳施設を完備!

「ディナーで良い雰囲気になり、そこで?」相当ナイスな作戦と思うが?!「ちょっと厳しーんじゃ?」何故?

「まず、外国だからパスポート用意の必要がある事に加え」あー...。「他、言葉は?」通訳おるんじゃ。「んな訳ねーやろ。英語話せにゃ、門前払いやで?」本当?

「一応、英語なくとも大丈夫って聞くけど、最低限の言葉は必要よ?」困ったな。英語は...通知表で1、さっぱり過ぎ。「ロシアカジノ、やめれば?」

何故?こうも計画最高なのに!言葉が出来ぬ位で、断念は無い!「とても大きな問題と思うけど...」うぅ、ロシアカジノ、一度は行きてー。

「一人で行けば。つか、英語勉強せーや」勉強も嫌いだ。「じゃ、諦めれば?」諦められねー!「此奴...我が儘過ぎぃ」

太陽の光を浴びる時間

不眠症を色々調べた結果、最終的に私が行き着いたところは季節性情動障害。私は「冬季うつ病」だと思われる。

たしかに毎年冬になると、「冬鬱」なんて自分で宣言していたが、本当に病気として存在してるとは知らなかった。

年齢のせいか今年は症状が特に酷い。休日も引きこもりがちで、人と逢いたくなくなるのは例年通りなのだが、不眠症状は初めてだし、時々発作的に気持ちが苦しくなったり、肩こりが酷くなる。

これもすべて「冬季うつ病」から来ているようだ。春夏に比べると、太陽の光を浴びる時間が減少することが要因とのこと。

病院に行くのもいいけど、光を浴びる事が一番の対応策。しかも、出来るだけ午前中、朝なら尚更効果が高いとのこと。

そうは言っても北国だし、平日は仕事で社内に居るし・・・。病院で人工的な光を浴びる「高照度光療法」もあるらしいが、そもそも予約が取れない。春まであと少しなのだが・・・。

婚姻届は手が震えたね

私は、主人と結婚する為に、婚姻届を記入した経験があります。結婚前は、実家に住んでいた。

しかし新居は、新幹線の距離になってしまう為、まず私が住んでいるところの区役所へ行き、婚姻届を手に入れた。

その区役所では、婚姻届は誰でも気軽に入手出来るよう、棚に入ってます。そんで、自分の名前や住所等を記入するのです。

やっぱり書く時は、手が震えましたね。自分の事を記入するのに、鉛筆で下書きをするほどの緊張感。

でも「これから彼と新しい家庭をつくっていくんだ」という気持ちで書いたのを、今でも覚えてます。証人の欄は、お互いの父親にお願いする。

ふたりとも、力強い字で祝福を表してくれた。私は引っ越す時に、婚姻届を一緒に持って行いった。

彼は出す為に有給休暇を取ってくれ、一緒に市役所へ向かう。職員の方から色々と聞かれ、「おめでとうございます」と言われ、めちゃくちゃ嬉しかった。

さあ、これからはあらたなる生活が始まるぞ、ワクワクが止まりません。