婚姻届は手が震えたね

私は、主人と結婚する為に、婚姻届を記入した経験があります。結婚前は、実家に住んでいた。

しかし新居は、新幹線の距離になってしまう為、まず私が住んでいるところの区役所へ行き、婚姻届を手に入れた。

その区役所では、婚姻届は誰でも気軽に入手出来るよう、棚に入ってます。そんで、自分の名前や住所等を記入するのです。

やっぱり書く時は、手が震えましたね。自分の事を記入するのに、鉛筆で下書きをするほどの緊張感。

でも「これから彼と新しい家庭をつくっていくんだ」という気持ちで書いたのを、今でも覚えてます。証人の欄は、お互いの父親にお願いする。

ふたりとも、力強い字で祝福を表してくれた。私は引っ越す時に、婚姻届を一緒に持って行いった。

彼は出す為に有給休暇を取ってくれ、一緒に市役所へ向かう。職員の方から色々と聞かれ、「おめでとうございます」と言われ、めちゃくちゃ嬉しかった。

さあ、これからはあらたなる生活が始まるぞ、ワクワクが止まりません。

主婦にはありがたい価格

鮭の白子と言えば、甘辛く甘露煮にするのが、実家で定番だった。秋になると、食卓やお弁当のおかずに、よく出されてた記憶がある。

もちろん私も作るのだが、お酒のつまみのバリエーションを広げる為、またひとつ新メニューを作ってみた。

120円ほどで4本ゲット!お湯に酒を入れ、一度湯通しをやり、臭みとぬめりを取る。半量は冷やしてカット、おろしポン酢をかけて「白子のポン酢和え」。

もう半量は醤油やにんにくなどの下味に、数時間漬け込み、片栗粉をまぶして「からあげ」に仕上げる。

初めて作った割にはどちらも、めちゃめちゃ美味しかった。日本酒がたまらなく進む味。白子は生筋子よりだいぶ安く購入出来るので、主婦にはありがたい。

秋の時期だけの愉しみだけど、もっと研究していきたい食材だ。

もうすぐ誕生日。いざこれからは、40代化粧品シミケアを使う日々、始まる。独身、この年齢、中間管理職キツイぜ、上下から責められる。日々生活、オッサン化。

栄養ドリンク欠かせず、疲労困憊。ハア?スキンケア?何ですかソレ(笑)出来るワケねー。でも一応顔は女。化粧し、髪の毛は白髪染め。

40代化粧品シミ用で、シワ予防からやねば、十年後老婆かも。真実味帯びすぎ、笑えない素肌。鏡見ず家を飛び出し、鼻毛発見、社内トイレへ。

部下からのあだ名、鬼軍曹。女だけじゃない、人生捨てる勢いよ。僅かに夢見る、結婚願望あり。1ミリ程さ、心の隅に。

意外とか言うな、当然じゃん。望み、誰かに扶養されたい本心。40代化粧品シミ対策、多忙な私に相性グッド。面倒くさがる性格、んな人こそ向けアイテム。

人知れず磨く女子力、キモイ、若干思うけど。誰も知らない心中、察してくれ。継続開始、肌ツヤ上昇、メイクノリばっちり!

仕事益々順調、遊ぶ暇、皆無に等しく絶望感。40代化粧品シミで誘惑増えず、残業増えた、どーすんの?